登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

イワウチワ咲く御岩山から高鈴山、神峰山へ

H20年4月9日、御岩山(492m)に咲くイワウチワを観てきました。
日立市入四間町の御岩山へ。イワウチワ(岩団扇)を目的に7~8年ぶりに御岩山を歩きました。御岩山はイワウチワが咲く山として名が通っており、かつてはあちこちに見られたというイワウチワも盗掘などに遭い、めっきり少なくなってしまっているという。昨日の嵐でどうなっているか心配でしたがスッキリと咲いており堪能してきました。今回のコースは、御岩神社~御岩山~高鈴山(往復)~神峰山(往復)~御岩神社、約4時間半の山散歩でした。
御岩神社 水芭蕉 三本杉
     御岩神社             ミズバショウ       三本杉
御岩神社駐車場の一角の湿地には、ミズバショウ(水芭蕉)が見られました。御岩神社は三本杉はじめ、鬱蒼とした森に囲まれ、風格ある神社です。三本杉は、御岩神社参道を約70メートルほど入った右側にあり、日立市内で最大の巨樹といわれている。地上約3メートルのところから幹が3本に分かれ、ほぼ均等の勢いで上方にのびている。根回り周囲は、11.2メートル、目通り幹囲、8.4ートル、樹高は約6.2メートル.。樹齢は推定500年と案内板に紹介されています。

御岩神社1 石楠花 奥の院
    表参道                   石楠花          賀毘礼神社のイワウチワ
御岩山へは、神社入り口から山門を抜け本殿の奥になる。山道は変に整備されておらず風情がある。しばらく、沢沿いの道を行くが、尾根に取り付くと急斜面になる。一登りすると奥の院に着く。奥の院の前の岩に咲くイワウチワが見事です。参道には、山野草が多く特に本殿周辺には石楠花が多く植えられ、つぼみが膨らんでいるものもある。花の時期は見ものでしょう。

イワウチワ群生2 イワウチワ群生4 イワウチワ群生
イワウチワの群生
賀毘礼神社から少し登ると群生地に出る。群生地には案内板もなく良く見ないと通り過ぎてしまいそうな斜面の場所です。昨日の嵐の影響も受けず見頃です。

岩場 御岩山頂 高鈴山          御岩山の岩場            御岩山頂               高鈴山の電波塔
御岩山…標高492m。山頂付近には巨大な奇岩があって、ロッククライミングの練習場所にもなっている。それに沿うように直登するとまもなく山頂。木に囲まれあまり展望は無いけど、近くの岩場がひらけていてそこからの眺望は良い。高鈴山の山頂には気象庁、電力会社他の通信施設が設置されており、チョッと興醒めです。

アセビ 高鈴山頂から 神峰山      アセビの花             高鈴山頂からの展望           神峰山からの日立市街
高鈴山は「花の百名山」でも紹介されており、山頂からの展望も良く、登山道も良く整備されていて、ファミリーハイク向きの山として人気が有る。 高鈴自然ハイキングコースを歩き神峰山へ向かう。日立市街と霞んだ太平洋を見ながら休憩する。付近のフキノトウを10本位頂く。
ショウジョウバカマ1 ショウジョウバカマ2 ショウジョウバカマ3.
ショウジョウバカマの群生地
神峰山から御岩山へ戻る途中にショウジョウバカマ(猩々袴)の群生地を見つける。鮮やかな色合いに迷わずシャッターを切りました。
高鈴山は、田中澄江氏の著書「花の百名山」(イワウチワ)で紹介され、一躍全国区となりましたが、イワウチワは、御岩神社から御岩山コースでなければ見ることはできません。また、群生地には案内板もなく良く見ないと通り過ぎてしまいそうな場所です。

スポンサーサイト

コメント

岩団扇の花って始めて見ました。可憐な花ですね。 本当に地元の山には花が多いですね。 これだけ有れば春夏秋冬山に飽きる事が無いですね。
 ところで、この前のカタクリを見に行ったときに「白いショウジョバカマ」を見ましたが、白いのは初めてみました。尾瀬でもどこでも皆
ピンクの花でした。 白いショウジョバカマと言うものあるんですね。

よんいち会のとしょくんさん
これからは花の時期。花を追っての山歩きです。
多くの花に出会えることが楽しみです。

  • 2008/04/13(日) 20:49:40 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/69-28f9a6df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad