登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

花の尾根・窓明山へ

H26年7月6日、南会津の小豆温泉から窓明山~家向山を歩いてきました。

福島の山ガイドブックによると・・
「窓明山は会津駒ヶ岳を中心として南北に連なる「南会津アルプス」の一角。三岩岳の北側に位置する。平成7年に開催された福島国体で山岳競技の会場となった時に登山コースが整備された。登山者でにぎわう会津駒ヶ岳とは対照的に静かな登山が楽しめる。窓明山と三岩岳との鞍部には「めまうだ湿原(三岩大池)」があり、高山植物が開花し始める6月下旬~7月、紅葉を楽しめる10月がお勧め」と記載されている。

花時期の今はシラネアオイ、キヌガサソウ、シナノキンバイなどが咲き私達のお気に入りシーズンで今回で5回目。3年ぶりとなりました。
今回のルートはいつもと同じ
小豆温泉登山口7:15~旧道出合8:45~避難小屋10:15~11:15窓明山11:40~12:30家向山の西峰ピーク12:40~巽沢山13:15~車道13:50~14:05小豆温泉登山口の時計廻りの周回です。
約6時間50分の山散歩でした。

         山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

ルート

【三岩岳駐車場】
自宅を3時50分発、駐車場6時50分着。一般道塩原回り170Km(前回までとは違う信号が少ないルート)
国道352号線の小豆温泉スノーシェッドの途中に小豆温泉への入口(T字路)がある。 スノーシェッドを出てすぐの所に三岩岳の駐車場がある。マイカーなら20台くらいは駐車できそうな広さ。
1駐車場

【小豆温泉登山口】
駐車場の隅からから国道を渡った所が登山口。派手な山開き横断幕がある。
2登山口

陽が射すブナ林の快適な登山道
3山道

登山口から30分ほど歩くと黒檜沢の渡渉箇所。 コンクリートの階段と仮設の鉄パイプ橋を渡る。 沢の水量が多い日は、旧道(国体コース)を利用した方が無難。
4山道

三岩岳山頂と滝を望める展望所
6三岩岳

斜め木道は今もって健在
7山道

旧道コースとの出合い。ここからさらに高度を上げていくと針葉樹林帯に変わりオオシラビソが目立つようになる。窓明山も北側に遠望できる。 登山道沿いにゴゼンタチバナ、マイヅルソウの白く可愛い花やイワカガミ、ミツバオウレンの名残り咲きが見られた。
8分岐

さて目的の一つのキヌガサソウは、「うん?ない 見逃したかな~」。カミさんが「ここでしょうよ」と藪を指すので、笹薮の中へ突入すると、ありました群生地は健在でした。この群生地に一緒に咲くサンカヨウ、ベニバナイチゴはまだ蕾でした。
10キヌガサソウ
11キヌガサソウ
12キヌガサソウ

避難小屋手前の残雪がある小湿地帯
14残雪

避難小屋。 しっかりした造りで内部も綺麗に利用されている。三岩岳はパスし窓明山へ向かう。
15避難小屋

二つ目の目的のシラネアオイが咲く前で小休止。例年ですと群生しているが今回は少なくちょっと残念。でも窓明山への尾瀬沿いには点在し楽しませてくれる。
16シラネアオイ

次に三つめ目的のシナノキンバイ。鮮やかな黄色の花、眼が覚める色とはこのことでしょう。まだ咲き始めで蕾が多く見頃は数日先でしょうか。
17シナノキンバイ
18シナノキンバイ

オオバキスミレも鮮やかな黄色。
19オオバキスミレ

窓明山を目指してグングン下る。ツバメオモトやイワカガミ、アカモノ、ムラサキヤシオなども見られる花の尾根
21窓明山

左に窓明山、右端に家向山のピーク
22窓明山

小ピークを越えて下ると「めまうだ湿原」。 木道があるが残念ながら三岩大池までは通じていない。この湿原にはハクサンコザクラがポツポツと咲いてました。
これまでこのルートではハイカーと出会うことはまずなく、木道で昼寝をしている人がいたのにはビックリ。
23湿原

窓明山直下にはもう一つ小湿原がある。その付近から振り返ると三岩岳の雄大な眺望が見事。まるで三岩岳の展望台。左端に三ツ岩岳その奥に中門岳、右に平ケ岳、さらに右に雲を被った越後三山
24三岩岳

家向山へのコースを右に見送り北進するとすぐに窓明山山頂(三等三角点 )。山頂は灌木に囲まれるが北東方向が開ける。下りで経由する家向山と巽沢山を眼下に望むことができる。 ここで昼食。
25窓明山

窓明山山頂から分岐点まで戻り、 草原状の開放的で眺望のよい尾根を、正面に高畑スキー場を見ながら鞍部へ下る。 窓明山と家向山の尾根には花は多くはないが、シャクナゲが見ごろであった。
26家向山へ
27シャクナゲ
28シャクナゲ

窓明山から50分ほどで家向山の西峰ピーク(ピークを示すものはない)。灌木に囲まれ眺望はないが小休止。 国土地理院の地図では登山道が西峰の南側を巻くように記載されているが、実際のコースは西峰の頂上を通過する。残念ながら最高点の東峰へは踏み跡はない。 残雪期であれば容易に東峰へたてる。
29ブナ林

家向山の西峰ピークからも美しいブナ林は続く
30ブナ林

オオシラビソの森の中の巽沢山の山頂。こちらも灌木に囲まれ眺望はない。
34巽沢山

巽沢山からの下山路にワラビがあることをカミさんは忘れてない。時期が遅いが柔らかそうな新芽を少々頂く。
31ワラビ

樹林帯の間から三岩岳を見る。
31三岩岳

巽沢山から30分ほどで国道が見えてくる。 国道の直前で従来の道は崩落している。これも平成23年7月豪雨の被害だろうか。 踏み跡もはっきりしないので、適当にマツ林の中の歩きやすいところを選んで国道に出る。
ここから国道を10分ほど歩くと小豆温泉登山口の駐車場に戻る。 途中、スノーシェッドの手前で旧道(国体コース)入口を右に見送る。
33車道

梅雨時期の花散歩、雨を気にしながらのものであったがまずまずの天気、花の最盛期にはちょっと早かったが良い一日でした。

スポンサーサイト

コメント

陽に輝く花々!

yamasanpoさん、こんにちわ!
この梅雨の時期に良い天気の下での会津アルプス
の窓明山、花も見られて良かったですね。
やっぱり花は陽の光の下では映えますね。花の
最盛期、これからですか。

  • 2014/07/07(月) 12:17:44 |
  • URL |
  • のんびり夫婦の山遊び #-
  • [ 編集 ]

のんびり夫婦の山遊びさん

今の時季、この山しか思い出せないというのが本音です。
残雪期はルートが不明瞭となりますが、花時期は登山道も明瞭となり歩きやすいです。
大方のハイカーは三岩岳の往復、窓開山を歩く人は少なく静かな山歩きができますね。
花はこれからのようですね。ちょっと早まった感はしますが梅雨時期は日を選べませんからね。

  • 2014/07/07(月) 13:04:11 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

やっぱり花が遅いのですね~
それにしてもこの山の登山口は変なところです(笑)

  • 2014/07/07(月) 13:59:08 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

梅雨空続きでモヤモヤな週末を過ごしていました。
そんな中で昨日は漸く梅雨の中休み、yamasanpoさんもこの好機を逃しませんでしたね。
三岩岳は先週の山開きに行く予定でしたが逸してしまいました。
また来年の楽しみとしましょう。
男体山のコウシンソウ情報も昨日仕入れてきたので、これも来年と・・・(笑)

  • 2014/07/07(月) 15:11:55 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

でんさん

そうですね。花はちょっと遅れ気味ですね。
花は生き物、環境に影響されますね。
それでも十分楽しめました。
取り付き口は変わってますね。
スノージェットの上を歩くこと自体ないですからね。

  • 2014/07/07(月) 16:05:43 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

リンゴさん

梅雨の晴れ間は山日和ですからね。
ここぞとばかりに出かけてきました。
三岩岳の山開きは先週末でしたから多くのハイカーが押し寄せたことでしょう。
男体山のコウシンソウも来年ですか。
来年も楽しみ多く忙しいですね。

  • 2014/07/07(月) 16:10:55 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

私達も・・・

yamasanpoさん、こんばんは。
窓明山は候補の一つでした。
行っていたらもしかしてばったりもあったかも?
キヌガサソウの群生素晴らしいですね。
いつも真っ直ぐ歩いていたので気が付きませんでした(汗)
今度は少しよそ見して歩こうかな(笑)

  • 2014/07/07(月) 20:13:10 |
  • URL |
  • セとナ #-
  • [ 編集 ]

yamasannpoさん、yosieさん やはり三岩岳、窓明山でしたか?
噂してたんですよ。(笑う)
天候に恵まれて良かったですね。
一昨年yamasanpoさんのブログ見て三岩岳から窓明山を訪れた事を思い出します。
シラネアオイ、シナノキンバイ、ハクサンコザクラ綺麗ですね。
ワラビのお土産付き最高でしたね。

セとナさん

ばったりあれば良かったですね。
ご一緒できたのに。
キヌガサソウ群生地は登山道からは確認できないのが残念ですが、ディダラボッチさんはこの場所以外でも見られてますので、多く自生しているものと思います。
自分が見ている場所は目印となるものがなくて説明できないのが残念です。

  • 2014/07/07(月) 20:42:20 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也さん

行く先を読まれてましたか 笑
最近ワンパターンですからね~。
和子&徹也さんは一昨年歩かれていたのですね。
花も展望も良く好みの山です。
山+アルファー、ワラビがあったら手ぶらでは帰れませんね 笑
早速頂きました。美味しかったです。

  • 2014/07/07(月) 20:51:36 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

いつもの場所にいつもの花

いつもの場所にいつもの花が咲いてましたね。
シラネアオイやシナノキンバイは必然的に出逢えるけど、
キヌガサソウだけは、よほど目をキョロキョロ動かせる人か
場所を知っている人でないと出逢えないですね。
ワラビ以外の余禄は?伸びすぎてたかな?

  • 2014/07/08(火) 10:31:01 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

こんにちは♪
キヌガサソウのお花畑。迫力ありますね。
登山道の脇にぽつんと咲いてるだけでも大喜びな私。
まとまって咲いているところを見かけたら、小躍りしたくなっちゃうかも。

会津のお山は、優しい山姿と、小さな湿原が魅力的ですね♪
私も木道で昼寝がしたいです~。(^^)

  • 2014/07/08(火) 17:37:53 |
  • URL |
  • chikoやん #0iKXazQU
  • [ 編集 ]

デイダラボッチさん

今回も見られラッキーでした。
登山道脇には倒木が多く見られ群生地の場所をウロウロしてしまいました。
それでも十分楽しめた山旅でした。
次は紅葉時期も良いものと思ってます。

  • 2014/07/08(火) 19:18:58 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

chikoやんさん

この山は花の山、多くの花が咲き見事なものです。
キヌガサソウも素晴らしい群生地ですね。
でも登山道脇にあるわけではないので、大方のハイカーは素通りです。
会津の山は魅力ある山が多いですが簡単には登らせてくれませんね。
ハイカーも少なく静かな山歩きができるのも良いですよね。

  • 2014/07/08(火) 19:28:48 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

キヌガサソウ

窓明山でしたか。
花もまで全揃いではないにせよ、随分と種類も多いですね。
稜線もきれいでいい感じです。

三ツ岩岳のキヌガサソウ、もともと大柄の花ですからこれだけあると迫力ありますね。

  • 2014/07/10(木) 23:58:53 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

yosiさん

この山は花の山、種類も数も多く楽しめます。
大方は三岩岳の往復、窓明山への花の尾根は静かなものです。
天気が良ければ尾根からの展望はgoodです。
お奨めの山ですね。

  • 2014/07/11(金) 18:20:42 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

私も三岩岳が恋しくなってきました。
なんたって花の時期に行ってみたいのですが
なかなか行けないのでなお恋しいです。
それにしても、今時期、シャクナゲが
見ごろなのですね。

  • 2014/07/14(月) 21:58:32 |
  • URL |
  • くに #.63BC9rM
  • [ 編集 ]

くにさん

花時期の三岩岳も良いですね。
自分も好みのルートです。
くにさんは北海道の山旅だったのですね。
花が半端なくてんこ盛り、素晴らしいものですね。
またじっくりとレポ読ませてもらいます。

  • 2014/07/15(火) 10:01:23 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

はじめまして

yamasanpoさん、いつもブログに遊びに来て拝見しています。
ご夫婦で健脚ですね。羨ましいです。
お花があって、木道歩きができる素敵なお山ですね。
今週三ッ岩岳と窓明山を予定しています。
標高差があるので水場の様子か心配です。
水は出ていたでしょうか?
教えていただきたくよろしくお願い致します。

  • 2014/07/15(火) 14:42:10 |
  • URL |
  • narumi #-
  • [ 編集 ]

narumiさん

ブログ見て頂きありがとうございます。
三ッ岩岳~窓明山は初めて歩かれるのでしょうか?
初めてを前提として知っている情報を連絡します。
〇避難小屋前の水場はチョロチョロと流れていましたがあてにしない方が無難でしょう。
〇避難小屋~窓開山は歩きにくい山道ですが花がいっぱいです。
〇窓明山以降は標識はありませんが山道は明瞭
〇スノージェットの上は雨上がりは滑りますので要注意
〇三岩岳駐車場の駐車位置はスノージェット前(写真にある駐車)は避けた方が良いです。落石がある場合があるので写真左手のスペースがベターです。
〇旧道コースの方がコースは短いです。

  • 2014/07/15(火) 15:54:07 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

ありがとうございます

yanasanpoさん
初めて歩く山なのです。
色々な情報を丁寧に教えていただき参考になりました。
この時期しっかりと飲料を持って行ってきます。
ありがとうございました。

  • 2014/07/15(火) 16:10:43 |
  • URL |
  • narumi #-
  • [ 編集 ]

narumiさん

このルートは長いです。
避難小屋から窓開山を廻るハイカーは少ないうえに道標もなく心細く感じることもあるかも知れません。
好天の日を選んで歩いてみて下さい。

  • 2014/07/15(火) 18:56:45 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/742-96cdbcfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad