登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

十字峡から丹後山~中ノ岳周回(その1)

H26年7月28日~29日、十字峡から丹後山~中ノ岳を歩いてきました。

以前からこのルートを紅葉時季に歩いてみたいと思っていたが、秋はいろいろと忙しくのびのびとなっていた。時期を選んでいて今年もチャンスを逃がしてはと出かけてきた。
このルートは周回すると19.5kmと長くきついものがあるが日帰りも出来ないこともない。が小屋泊りの装備をし所要時間や天候などから日帰りとするか小屋泊りとするか山中で決めることとする。水は避難小屋の天水が利用できるので心強い。
中ノ岳までは以前(H12年9月)に十字峡から往復したことがあり様子はおぼろげながら覚えているので丹後山からの反時計廻りとした。

今回の行程は以下に
7月28日:十字峡駐車場6:30~林道~丹後山登山口7:05~7:25一合目7:30~二合目7:55~ 三合目8:20~8:50四合目8:55~五合目9:15~六合目9:25~七合目9:40~八合目9:50~九合目10:10~10:15避難小屋10:30~丹後山山頂10:35~利根川水源の碑10:55~大水上山山頂11:10~11:40兎岳11:55~小兎岳12:15~池の段14:00~中ノ岳14:15~14:20中ノ岳避難小屋 
7時間50分の山散歩でした。
7月29日:中ノ岳避難小屋5:20~中ノ岳5:25~池ノ段5:40~八合目~七号目6:20~六合目6:40~7:00日向山7:05~四合目7:20~三合目7:40~二合目8:00~水場分岐8:05~一合目8:20~8:35十字峡駐車場 
3時間15分の山散歩でした。

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【往路】自宅 3:30発~友部IC~赤城高原SA(朝食)~六日町IC~6:30十字峡 252Km。
【帰路】一般道  十字峡9:30~15:30自宅 255Km。6時間で着いた。

今回のルート図
中の岳1
十字峡駐車場の案内図
案内図

十字峡駐車場
十字峡トンネル出口の駐車場に止める。三国(サグリ)川に沿って丹後山登山口へ向かう林道にはゲートがあり車輌通行止めになっています。車両通行止めの柵の脇をすり抜け林道を行く。
1登山口
昨日は大雨だったとのことで林道沿いの三国川の流れも豪快
2林道
「虹の滝」 水量ある綺麗なものでした。
3滝

登山口
林道歩きは結構長く、三国川を見ながら35分ほどで登山口へ。
足慣らしにしてはちょと長いかな。
4登山口
最初から急登。一合目、鉄砲平の表示がある。
この後ずっと一合目から九合目の標石があり目安とする。
5鉄砲平
二合目を過ぎ・・でんさんのレポによると日向山~中ノ岳が見えるとのであったが全然見えない 嘘であったか(笑)。四合目~六合目を過ぎても相変わらずの展望なし、今日は修行の日と諦めていたが七合目付近からガスもとれ展望がとれてきた。シシ岩が見えてきた。この上が8合目であった。
6シシ岩

巻機山、水場との分岐
巻機山方面は笹原で踏み跡は見えない。この笹の中には突っ込む気にはなれません。積雪期限定の登山道でしょうか。水場は未確認。草原地帯に出ると本来は展望が開けるはずなのであるが、ガスの中ではしょうがない。
7分岐
丹後山避難小屋が見えてきました。
8丹後山避難小屋
小屋には誰もいない。この時間ではいないはずですね。丹後山避難小屋は毛布・サンダルあり。天水を溜めた大型ポリタンクがあり満タンでした。
9丹後山避難小屋
小屋周りはニッコウキスゲやハクサンフウロなどが咲いてました。
10ニッコウキスゲ
11ハクサンフウロ

丹後山(1,808.6m)
小屋から3分程度で到着です。
12丹後山
丹後山から続く尾根にある越後沢山~本谷山見えるはずであるが・・
13丹後山

利根川水源の碑
丹後山からは眺望の開けた笹原の尾根道が続きます。登山道は刈り払いされて、極端なアップダウンもなく、穏やかな登山道が兎岳まで繋がっています。
14水源碑
群馬最北端の大水上山はすぐ隣です。
15尾根
うねうねと続く尾根の先にはガスを被った平ヶ岳が見える。
16尾根

群馬最北端の大水上山(1,831m)
ここで県境を離れ、新潟県側へと入る。
17大水上山
鞍部まで来て大水上山を振り返る。
18大水上山
つぎは名前がかわいらしい兎岳(左端)。写真中央奥に三角形した荒沢岳
19兎岳

兎岳(1,925.8m)
背景には中ノ岳がどっしりと控えているはずだが・・見えるのは灰ノ又岳~荒沢岳への尾根。
20兎岳
頂上を少し下ると荒沢岳への分岐の道標が有る。ガスが濃かったら踏み跡明澄な兎岳から荒沢岳を繋ぐ裏越後縦走路の尾根に入ってしまう恐れもあり要注意。
兎岳から中ノ岳の尾根は草刈がされてない藪っぽい山道が続く。
21分岐
手前のピークが小兎岳、その先の中ノ岳はガスで見え隠れしている。
22中の岳への尾根
小兎岳への尾根はお花畑。
23お花畑
24お花畑

小兎岳(1,858m)
道標が倒れていて見逃しそう。
25小兎岳
鞍部まで来て兎岳を振り返る。
26-1小兎岳
笹原の先にはでっかい中ノ岳が現れてきた。
27尾根
小兎岳を振り返り見る。笹原の斜面がすごく綺麗であった。
28小兎岳
中ノ岳がさらに大きくなる。ここからがきつい所。時計回りが良かったかな~
29中の岳
中ノ岳への尾根から歩いてきた尾根をみる。
30尾根
荒沢岳からの裏越後縦走路、良さそうですね~。
31荒沢岳
中ノ岳が近づいてきた。
33中の岳
池の段付近から歩いてきた尾根を見る。
34尾根

池の段
十字峡への下山分岐に出た。
35分岐

中ノ岳(2,085.2m)
越後三山の最高峰です。360度の展望が得られるがガスで展望なし。
14時15分着。余力もあり時間も早い。このまま下山しようかと思ったが・・今日は期待した展望はなく心残りとなりそうだし、重いものを背負ってきたことでもあり小屋に泊まろうとなった。
36中の岳
避難小屋より望む中ノ岳。
37中の岳
中ノ岳避難小屋。毛布・サンダル・鍋もありました。水タンクはほぼ満タン。
38中の岳

時間が早いが小屋前に出て一人宴会していると栃木の菊池さんが来た。荒沢岳からの縦走してきたとのこと。二人でしばし山談義。好青年でした。
八海山などからの縦走組がぽつぽつとやって来て自分を含めて10数名での宿泊となった。
39菊池君

十字峡から丹後山~中ノ岳周回(その2)へ続く

スポンサーサイト

コメント

嘘を教えてしまってゴメンナサイm(_ _)m(笑)

朝の涼しいうちにキツイ中ノ岳をやっつけるのがセオリーみたいですけど・・・
逆まわりは池の段までの登り返しがキツカッタでしょう。
草刈が始まったという話しは聞いていたのでそろそろ行けるとは思ってましたが
いかんせん暑い山域なので見送ってました。

今年は大水上山の三角雪渓がまだ現れてないみたいですね。
それが利根の最初の一滴なんですよ。
前回、平ヶ岳から見た逆の景色、前の記事で何となく予感がしてました。

  • 2014/07/31(木) 01:04:58 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

でんさん

でんさんのレポ、良く読んで頭に入れて。
参考になりました。
このルートは時計回りが正解のようですね。
中ノ岳への登りはキツイものでした。
表縦走も裏縦走も良さそうですね。
今回はその方達が多かったので情報を得ました。
次の機会はと思ってます。

  • 2014/07/31(木) 14:09:20 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
中ノ岳でご一緒した栃木の青年です。
その節はありがとうございました。
山の話、とても楽しかったです。
たくさん教えて頂いて、あるきたいルートが、また増えてしまいました。
ブログも、情報量が多くて参考になります。
これからものぞかせて頂きますね。

  • 2014/08/04(月) 00:54:20 |
  • URL |
  • きくじろう #-
  • [ 編集 ]

きくじろうさん

こちらこそありがとうございました。
どうぞどうぞ立ち寄って下さい。
参考となるものがあれば幸いです。
自分もまたこのエリアを歩いてみるつもりです。

  • 2014/08/05(火) 08:43:54 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/749-586efa58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad