登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

裏銀座・烏帽子岳~野口五郎岳(その1)

H26年9月14日~15日、北アルプスの烏帽子岳~野口五郎岳を歩いてきました。

この山行は7月末の予定だったが機会を失い今となってしまった。
花時期は過ぎてしまったので展望を期待してのもの。
予定では七倉~(タクシー)~高瀬ダム~烏帽子小屋(泊)~烏帽子岳(往復)~野口五郎岳~真砂岳分岐~晴嵐荘~高瀬ダム~(タクシー)~七倉の1泊2日の周回。

詳細な行程は、以下に
H26年9月14日 七倉7:25~(タクシー)~7:35高瀬ダム7:40~登山口8:00~中間位置9:35~11:35烏帽子小屋11:45~12:35烏帽子岳13:15~13:50烏帽子小屋(泊)

H26年9月15日 烏帽子小屋5:00~三ツ岳6:40~野口五郎小屋7:55~8:10野口五郎岳8:25~真砂岳分岐8:50~南真砂岳9:40~湯俣岳11:00~晴嵐荘12:50~13:05噴湯丘13:50~高瀬ダム16:00~(タクシー)~16:15七倉
11時間15分の山散歩でした。

         山行記録一覧へ、  地域別行山録一覧

【七倉駐車場】
自宅2時30分発、駐車場7時10分着。
自宅~友部IC~北関東道・上信越道(東部湯の丸SAで朝食)~麻績IC~七倉 330Km。 麻績IC~七倉まではクネクネとした峠道を約60Km。遠回りでも安曇野IC利用がお奨め。ナビ設定:七倉荘 0261-22-4006

野口五郎岳マップ

満車状態であったが客待ちのタクシー運転者の誘導で空スペースへ。
七倉ゲートからは東京電力高瀬川発電所の管理用道路となり、許可を受けたタクシーに乗り換える(徒歩の場合は約6キロ、以外と歩く人が多い)
タクシーは七倉から高瀬ダムまで15分 1台2100円
1七倉ダム

高瀬ダム堰堤から濁沢登山口へ向かう。ロックフィルダムでは日本一の高さを誇る高瀬ダム(標高1270m)。Tシャツでは少々寒く感じるほど。天気も良くダムからは今日登るブナ立尾根と前烏帽子岳も確認できた。中央部付近にとがった山が前烏帽子岳ですね。
2高瀬ダム

ダム湖の先に見える尾根は下山路で使う竹村新道でしょうか。
3高瀬ダム

不動沢トンネルを歩く。トンネル内には歩道があり安全である。
4トンネル

不動沢に架かる吊橋を渡る。吊橋を渡る切るとテント場がある。
5吊り橋

ここから「裏銀座登山口」までは砂地の道。
工事中という事も有ってか仮の登山道とある。
6丸太橋

ブナ立尾根取り付き口。裏銀座縦走コースの始まりです。
取り付き点で標高は約1300m、標高差にして約1200mの急登が始まる。
8登山口

取り付いてすぐにお花畑。終わっていたが花時期には見事でしょう。
9お花畑

尾根は北アルプス3大急登の一つだけあって急な登りの連続、金属製の階段が取り付けられた斜面をジグザグに登っていく。登山道には取り付き口から12番~1番まで番号がふられているので、よい目安になる。
10山道

ブナの巨木の中を行く。その後はハシゴや木の根を掴んで身体を引き上げ、あっという間に汗まみれ。
11ブナの山道

ブナ立尾根のほぼ中間地点(6番の表示)
12中間地点

三角点(標高2208.5m)
13三角点

タヌキ岩とあるがどう見てもタヌキには見えないな~
14-1タヌキ岩

色付き始めたナナカマド
15色付き始めた山道

真っ赤に熟れた大きなベニバナイチゴ。美味しくなかった。
16グミ

烏帽子小屋に到着(標高 約2520m)。最後の登りをこなして予定通り12時前に烏帽子小屋に着く。高瀬ダム堰堤から休憩、昼食込み4時間。案ずるより産むがやすしのブナ立尾根であった。
17烏帽子小屋

烏帽子小屋前から赤牛岳その奥に薬師岳。手前のお花畑はチシマギキョウかな?ほぼ終わってました。北アルプス裏銀座コースの起点の小屋。
18烏帽子小屋

宿泊手続きを済ませ烏帽子岳を往復する。
19烏帽子岳へ

小屋から北側へ、オオシラビソの林を抜け稜線に登り返すと、ハイマツの緑と花崗岩の白い砂礫、そして大きな花崗岩があちこちに散らばる眺めが広がる。足元には咲き残ったコマクサが寂しげにうつむいている。
20-1烏帽子岳へ

このところの冷え込みにも負けじと咲いている。
20烏帽子岳へ
21烏帽子岳へ

山ノ神が祀られた前烏帽子岳(標高 2605m)。
前烏帽子の手前からすっかりガスの中に入ってしまった。前烏帽子にたどり着いても、目の前に見えるはずの烏帽子岳は見えない。
22前烏帽子岳

烏帽子岳直下に出て烏帽子岳の姿が見えた。
23烏帽子岳

鞍部からわずかに登ると、山頂部の岩峰の基部にたどり着く。垂直の鎖場。ホールドもしっかりしていて、危険は感じない。
24烏帽子岳

烏帽子岳(2628m)頂上は10人も上がれば一杯になるほど非常に狭い。
27-1烏帽子岳
年甲斐もなくバカな事を
25烏帽子岳
26烏帽子岳

烏帽子岳から南沢岳。左手の立山剣岳は雲がかかっている。
ハイカーも少なく穏やかな天気にゆっくりと展望を楽しんだ。明日行く三ツ岳の稜線がうねうねとのびているのを見ながら、烏帽子小屋に戻る。
28烏帽子岳

烏帽子小屋と前烏帽子。烏帽子小屋はテンバあり、水場なし、天水200円/ℓ
29烏帽子小屋

烏帽子小屋から明日登る三ツ岳方面
30烏帽子小屋

裏銀座・烏帽子岳~野口五郎岳(その2)へ続く

スポンサーサイト

コメント

yamasanpoさん yosieさん 天候にも恵まれて良かったですね。
8月は天候が不順で9月に行かれたんですね。
でもこの時期は空いているんですね。
後半が楽しみです。
追伸
徹也の指は痛みも無くなり14日は雨巻山を登って来ました。

やっぱり~~

この三連休のどこかに引っ掛けてyamaちゃんご夫妻は野口五郎だと思ってました。
うちも気合が入ってれば三連休五郎ちゃんに行きたかったんだけれど・・・

mariの体調もイマイチだし、rayから下った指令は蝶・常念グルリップでした。
体調イマイチでもここを選択するってことは私達も成長したのかも(笑)

歩いてる途中、きっとyamaちゃん達は五郎ちゃんだよってことになって、行ってればバッタリできたのにね~なんて残念な話してました。

行ってしまえばなんとかなるで行きたかったな~

詳細なレポお待ちしております。
竹村新道はお前ら無理だよ~っていうものありですよ(笑)

  • 2014/09/16(火) 21:43:49 |
  • URL |
  • mari #sSHoJftA
  • [ 編集 ]

凄い!

yamasanpoさん、こんばんわ!
裏銀座、始めから1200mの急登だなんて凄いコース
ですね。
でも天気が良く、眺望もあり、楽しまれましたね。
レポその2、楽しみにしています。

  • 2014/09/16(火) 21:59:56 |
  • URL |
  • のんびり夫婦の山遊び #-
  • [ 編集 ]

裏銀座、
お天気が良かったようで何より・・・。
くろすけは、5年前新穂高から入り、ブナ立尾根へのルート3泊4日で縦走しました。
烏帽子岳での・・・大人の高い、高~い、
くろすけ気持ちがよ~くわかります。i-278
懐かしい風景を見ながら、何だかワクワクして来ました。
続きが楽しみです。

  • 2014/09/16(火) 22:34:40 |
  • URL |
  • まっ黒くろすけ #-
  • [ 編集 ]

yamasanpoさ~ん、ビックリというより笑っちゃいました。
昨年の剱岳のときもそうでしたね。
何でこんなに同じ時期に同じ山域なんだろう(笑)
高瀬ダム、ブナ立尾根、こうなってたんだと思い返してます。
真っ暗だったもので(^^;)

大町までの道順、ナビの言うとおりに行ってしまったのですね。
麻績からの峠越えは大変です。
大町行くなら安曇野か、もしくは長野経由オリンピック道路がいいですよ。

  • 2014/09/17(水) 00:05:44 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

和子&徹也さん

のびのびとなっていたものがやっと実現でした。
まずまずの好天になり良い山旅でした。
紅葉時季は混雑するとのことですが今は狭間で空いてました。
小屋もゆっくりとです。
指の怪我も回復しつつあり良かったですね。

  • 2014/09/17(水) 07:42:33 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

mariさん

読まれてましたね。
烏帽子岳から野口五郎岳は展望の尾根、素晴らしいですね。
この尾根はお奨めですがこの尾根への登りも下りもきびしいものがあります。楽あれば苦ありですね。
蝶・常念グルリップ詳細レポ楽しみにしてます。
美ヶ原高原も歩かれたようで健脚mariさんに変身ですね。

  • 2014/09/17(水) 07:49:25 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

のんびり夫婦の山遊びさん

重い腰を上げ歩いてきました。
思い立ったものですが機会を失いのびのびとなってしまいました。
2日間ともまずまずの天気となり楽しんできました。
北アの領域は病みつきとなりそうです。

  • 2014/09/17(水) 07:53:28 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

まっ黒くろすけさん

行き帰りの車の中でカミさんと「くろすけさんは凄いよね~」と話してました。
私達には真似できないものです。
今回も小屋内で一緒になった若い女性は九州から一人旅で縦走とのこと。気合根性行動力・・くろすけさん並でした。
元気を貰うどころか「こりゃ参考にならん」と意気消沈です。

  • 2014/09/17(水) 08:03:28 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でんさん

偶然は続きますね~。
でも決定的に違うのは行動力、でんさんの力は底知れないものがあります。
レポ、じっくり読ませて貰います。

ナビの指示のままでしたが、途中でここで良いのかと思うほど。
いや~大変でしたよ。
帰路は七倉でタクシー運転手に聞いて安曇野廻りとしました。

  • 2014/09/17(水) 08:11:14 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

麻績IC

おはようございます。
ここ鬼門ですよね。大町方面に行こうとして、ボーとして運転しているとどうしてもナビにコッチに案内されちゃいますよね。
手掘りの隧道やダムばかりで、ガソリンスタンドさえなく、残量が少しですごく焦ったことが有ります。
やっぱりそちらも雲が多かったようですね。
私も、もう一山に蝶ケ岳でもと考えていたのですが、交通情報を聞いていたら上信越道路は大混雑と言っていたのでサッサと帰ってきてしまいました。
でも、浅間・軽井沢・下仁田辺りは大渋滞でした。

  • 2014/09/17(水) 09:40:46 |
  • URL |
  • 石川@ #-
  • [ 編集 ]

おはようございます。
裏銀座コースを歩かれる人は少なくないけど、
そこから竹村新道~晴嵐荘~墳湯丘~高瀬ダムとなると・・・ですね。
でもあのコースでしか見られない北鎌尾根や硫黄尾根を眺めると、
心ときめくものがあります。
ウ~ン、私は麻績からの道好きなんだけどな~。

  • 2014/09/17(水) 10:09:03 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

一泊で

yamasanpoさん、こんにちは。
高い所がちょっぴり苦手なんで見てるだけで・・・
でもかっこいいです!
今年はアルプス行きそびれてしまいました。
毎年計画倒れでアルプスに縁がないような(^^ゞ
でも何度も計画している内にアルプス全山歩いた気分かな(笑)

  • 2014/09/17(水) 12:55:00 |
  • URL |
  • セとナ #-
  • [ 編集 ]

石川@さん

ナビまかせですと麻績ICから案内されますね。
GSもなく寂しい限りです。
帰りは安曇野廻りで給油しました。
この日も上信越道は渋滞でしたので東部湯の丸SAで仮眠してから帰りました。
世界遺産になってから特に富岡付近の渋滞がひどくなった感じです。

  • 2014/09/17(水) 19:13:02 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

デイダラボッチさん

裏銀座尾根も素晴らしいですが竹村新道は槍ヶ岳の展望尾根ですね。ず~~と眺めながらのものですから特別です。
今回は一泊二日ともったいない日程でしたが・・。
次の機会には船窪方面へと思ってます。

  • 2014/09/17(水) 19:24:51 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

セとナさん

イメージトレーニングも必要なことですね。
情報をきっちり詰め込めば良い山旅ができますから。
自分は中途半端で出かけるから見とけば良かったことが抜け落ちることがあります。
そのうちチャンスが来ますから焦らずに。

  • 2014/09/17(水) 19:32:04 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/761-12545e13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad