登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

北八ヶ岳・蓼科山

H26年10月8日、蓼科山を歩いてきました。

蓼科山(2,530m)は、北八ヶ岳の北端に位置し、「諏訪富士」とも言われる通り、コニーデ型旧火山の裾野が広がった優雅な山容が人目を引く。どこから眺めても目立つ存在である。
蓼科山に登る登山道はいくつかあるが、今回は北面からの最短コース。

計画は、駐車場~将軍平~蓼科山(往復)~前掛山~林道~駐車場の周回
であったが、蓼科山荘のご主人の情報から往復に変更した。
七合目駐車場7:55~天狗の露地8:40~9:05将軍平9:15~9:40蓼科山10:30~10:50将軍平・昼食~11:55七合目駐車場
のんびりと約4時間の山散歩でした。 

前回の蓼科山は、13年前(H13年7月20日)すずらん峠駐車場からの往復
自分の記憶は薄れてたがカミさんは山頂の様子をしっかりと覚えていた。

          山行記録一覧へ、  地域別行山録一覧

蓼科山マップ

【駐車場】
自宅3時20分発、御泉水自然園の七合目駐車場 7時30分着 247.6Km
自宅~友部IC~北関東道・上信越道~横川SAで朝食~御泉水自然園
ナビ設定:御泉水自然園

御泉水自然園を過ぎて1Kmほど先に駐車場があり、向かいの鳥居が登山道入口
1駐車場

七合目登山口。
蓼科山も古くから山岳信仰の対象とされた山。この鳥居をくぐってスタート。
2登山口

七合目登山口からは樹林帯の中の道を進む。
3-1登山道

馬返し。
2馬返し

小さな石が敷き詰められたような登山道。コケが綺麗でした。
4登山道

天狗の露地の案内板があり、右側に少し行くと視界が開ける。
天狗の露地から見下ろす女神湖
5天狗の露地

倒木と大きな石が混ざり合った急な登山道を登る。
6登山道

大河原峠からの登山道と合流する「将軍平」に出る。
将軍平から見た蓼科山。将軍平には蓼科山荘があり休憩するにはよいところ。
山荘のご主人に「復路は前掛山のルートをとり駐車場へ戻る計画であるが登山道の様子は?」と聞くと「今は廃道、藪化されていて歩く人も少ない」とのこと。素直に往路を戻ることに変更する。
7将軍平
8将軍平

将軍平からは大きな岩がある急な登り。四つん這いで登ってます。
10登山道

やがて木もなくなり展望がよくなる。振り返ると前掛山が大きく見えます。
11登山道

ゴツゴツした岩塊を攀じ登ると蓼科山頂ヒュッテに登り着く。
12蓼科山頂ヒュッテ

山頂も火山弾のだだっ広い岩場で木々もなく殺風景。蓼科山は「独立峰」ということもあり、360°の大パノラマなのだが・・・今日は雲がかかり遠望はきかない。
13蓼科山頂
14蓼科山頂

蓼科神社にお参り
15蓼科山頂

展望台より。雲の切れ目から見られた奥穂高~槍ヶ岳
16蓼科山頂
18蓼科山頂

将軍平に戻り昼食、そして往路を戻る。
19登山口


下山後、駒ケ根菅の台バスセンター(500円)へ向かう。
一般道で約86キロ、14時20分頃(2時間10分)に着いた。
バスセンターに近いこまくさの湯(610円)で汗を流し、車中泊。
菅の台バスセンターは広く静か、水場、トイレもあり車中泊には有難い。
350台駐車可 有料:1回500円 入庫時に料金投入 24時間出入り可能
バスセンター
水道

スポンサーサイト

コメント

落葉松

おはようございます。
駐車場辺りの落葉松が、いい具合に紅葉してきましたね。
半月山と社山の間も、今週辺りから見頃なんでしょうね。

  • 2014/10/13(月) 06:51:29 |
  • URL |
  • 石川@ #-
  • [ 編集 ]

石川@さん

山の紅葉は終わってましたが登山口付近は良い感じでした。
落葉松の紅葉は綺麗ですよね。
社山付近は今週からですか。
足尾の山もそうでしょうね。
大笹山の情報ありがとうございました。

  • 2014/10/13(月) 12:20:25 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/768-6c5f6f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad