登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残雪と新緑の会津駒が岳

H20年5月17日、福島県第2位の標高(2132m)を誇る「会津駒が岳」を歩いてきました。
南会津の山として燧ケ岳とともに多くの登山者に親しまれている山です。この山の魅力は高山植物と展望にありますが、この日の会津駒が岳はあいにくの曇りがちの天気で遠望はききませんでした。それでもたっぷりの雪にいつもと違う会津駒が岳を堪能できました。今回のコースは滝沢口~駒の小屋~会津駒が岳の往復で、約5時間の山散歩でした。3時30分自宅発、6時40分着、175Km。
昨年も初夏の時期に会津駒が岳←ここをクリック を歩いています覗いて見て下さい。
登山口 登山道1
登山道2 新緑
階段からの登山道は、尾根をほぼ忠実にたどる急登になります。尾根の両側の谷は残雪が斜面を埋めつくしていますが、登る尾根は日当たりがよいためすでに地面が出ていて、しばらく夏道の急登ですがブナの新緑がまぶしく疲れがいやされます。

登山道5 登山道6
登山道7 登山道8
1時間ほど登ると登山道は雪に覆われ、ほぼ直線的に急な雪面をキックステップで越えて行きます。積雪は樹木に付けられた掲示板の位置から推測すると3m以上でしょうか。

駒の小屋 駒の小屋1
登山口から2時間40分、急な斜面を登り切ると駒の小屋です。小屋には会津駒ケ岳付近で捕獲されたという全長約2mほどの熊の毛皮が飾られていました。触ってみると表はゴツゴツとした毛ですが、その下には羽毛のような細かな柔らかい毛で覆われています。冬でも過ごすことができる体毛になっているのがわかりました。

駒の小屋2 山頂を目指して
駒の小屋付近も多くの雪で「駒の池」も「木道」も深い雪の下です。
会津駒が岳山頂を目指します。

山頂 中門岳方面
駒の小屋から約20分で山頂です。山頂からの中門岳方面の稜線が素晴らしいです。
遠望がきかないことから中門岳へは行かず戻ることにしました。

ひうちが岳 三ツ岩岳方面
山頂からうっすらと見える燧ケ岳。反対側には三つ岩岳が。
今日は天気がいま一つでしたがダイナミックな会津駒が岳を堪能できました。
高山植物が咲く時期も良いですが雪がある時期も格別です。

スポンサーサイト

コメント

雪山も行くんですか? 元気ですね。 山奥はまだこんなに雪があるんですね。
  会社に入って2年目の夏休みに、一人で この会津駒に登ろうと、夕方上野駅を出て、電車バスを乗り継ぎ次の日のPM3:00頃に、登山口までやっとついたのですが、雨が降ってきたので、その辺でテントを張って一晩過ごしたら、台風が近づいたとのことで、登山を断念。 食料を捨てて、バスの乗り継ぎでやっと鬼怒川に抜け、栃木の実家に帰った事がありますが、会津駒は、その時断念したままです。

としょくんさん
台風で登山を断念とは勇気ある撤退です。
せっかくここまで来たのだからと中止できないものです。
さすが秀才としょくん、良い判断です。

山は雪があると別の山に変身し、何回歩いてもあなどれません。
できる限りの注意をはらい歩いています。
山は四季折々に楽しめ最高です。


  • 2008/05/18(日) 22:43:22 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/77-06c206fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。