登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏妙義・谷急山

H26年11月13日、裏妙義の谷急山を歩いてきました。

いつかは谷急山へと思いつつ11年が経過した。谷急山山麓の紅葉は奥久慈と時期が同じ頃となる。今ではちょっと早いかもと思ったが思い立った時が吉日と出かけてきた。

今回の行程は、巡視道から三方境へ、谷急山を往復し女道を下山する周回コース。
国民宿舎裏妙義7:15~三方境8:45~8:55女道分岐9:10~10:25谷急山・昼食11:05~女道分岐12:05~12:15休憩12:30~林道出合13:10~林道~13:45国民宿舎裏妙義  約6時間30分の山散歩でした。

昨年の裏妙義レポは以下から
・H25年11月6日 麻苧の滝~御岳~丁須の頭~三方境~並木沢の周回

           山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

自宅3:40発 国民宿舎裏妙義7:00着 一般道163Km
自宅から高崎までは朝霧が濃く車の運転はヒアヒアものであったが予定通り着いた。

マップ

国民宿舎から道標に従い林道を行く。
1出発

林道から山道(巡視道)に取り付く
2山道へ

薄暗い杉林を過ぎると雑木の中の山道となり紅葉した樹が見られる。
3紅葉

鮮やかな赤と黄と緑と見事なコントラスト。燃えるような赤一色も綺麗だが自分はこの位の紅葉が好みだ。
4紅葉
5紅葉
7紅葉
8紅葉

カミさんが見上げる先は・・・
9紅葉

このモミジであった。カミさんは小さな葉のモミジが好み。
10紅葉

自然の芸術、見事な配色ですね~
11紅葉

樹間に見えているのは荒々しい表妙義
13山道
12紅葉

三方境に着く。谷急山へは道標があり踏み跡もしっかりしている。
一休みしようと思ったが冷たい風が吹き素通り。
14三方境

三方境から10分ほどで女道分岐へ。明瞭な道標はない。地面に落ちている板にかすかに女道と読める。明るい斜面で一休みとする。帰りはこの分岐を下る。
15女道分岐

ここから谷急山まではヤセ尾根が続く.。尾根の紅葉は終わっている。
16尾根

尖がったこのピーク(前衛峰)を越えて行く
17尾根

この斜面は苦い思い出のある場所でよく覚えている。
H15年にカミさんとこの尾根で一休みしていた際に、ザックを不安定な場所に置いたことから落としてしまった。ザックはあっと言う間に谷底に消え、見下ろしてもザックは見えないしここからは急斜面で降りられない。尾根を少し戻り何とか降りて行けそうな急斜面を降りザックを回収した。が谷急山へは断念しここから戻った。あれから11年、今回はここでは休まずスルー。
18尾根

このコースは鎖、ロープ部もあるが気を付けなければならないのはヤセ尾根。前衛峰に取り付く。
19尾根

前衛峰からの眺望。谷急山は目の前に
20ピークから谷急山
遠方には特徴のある山容の荒船山(写真中央)、八ヶ岳は雲の中
21ピークから谷急山

前衛峰を下りきった所にV字状に切れ込んだ岩稜
22尾根

尾根沿いに見られる桂状節理の壁面
23尾根

谷急山 360度の大展望を眺めながら早めの昼食
24谷急山
左に浅間山、右に鼻曲山と浅間隠山。
25谷急山
浅間山をアップ。雄大ですね~
26谷急山
裏妙義の奥に榛名山。その右に赤城山
27-1谷急山

東京からという単独の女性が山頂に着く。見るからに強そうでカミさんは「くろすけさんのような強い人だね」と。入れ替わりに下山とする。
28下山

表妙義の相馬岳(左)と金洞山。右奥の二つのピークは御荷鉾山
30-1下山

ヤセ尾根を降る。山頂で出会った女性が追い越していった。
31下山

女道分岐から女道を降る。踏み跡は枯れ葉が積り隠されているが、ポツポツと「国民宿舎」の道標が見られその間にはペンキマーク、テープがあり迷うことはない。
32女道

この開けた尾根でコーヒータイム。紅葉に囲まれた別天地
34女道

降るにつれて紅葉が綺麗に色ついてくる。
35女道
36女道
37女道
38女道
39女道

沢に出る。何度も左岸へ右岸へと繰り返すが川の流れは穏やかで問題なし
40女道

女道登山口へ出る。
41女道登山口

林道をゆるりと降る。女道登山口から林道を約35分で国民宿舎へ。
42林道

今時期の日の傾きは早く、予定より早めの戻りにホットする。
43国民宿舎

好天に恵まれた谷急山山行、眺望も紅葉も満足の一日であった。
女道は巡視道より変化がありお奨めです。

スポンサーサイト

コメント

素敵な紅葉ですね

yamasanpoさん、yosieさん天候にも恵まれてもみじが綺麗です。
展望も良く最高でしたね。
奥久慈と同じ時期とのこと、日曜日が楽しみです。
12日私達は明山周辺を貸し切り状態でしたが、天気予報に裏切られました。
でも、幻想的な展望は見られましたよ。

  • 2014/11/14(金) 19:29:10 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

和子&徹也さん

好天に恵まれ良かったです。
眺望も紅葉も期待通りでした。
奥久慈も期待したいですね。
よろしくです。

  • 2014/11/14(金) 20:26:05 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

的中!

yamasanpoさん、こんばんわ!
鮮やかなモミジの紅葉に出逢い、眺望も得られ、最高
でしたね。
裏妙義にもこのような紅葉の素晴らしい山があるんで
すね。
16日のミステリーツアー、楽しみにしています。
よろしくお願いします。

  • 2014/11/14(金) 21:15:03 |
  • URL |
  • のんびり夫婦の山遊び #-
  • [ 編集 ]

のんびり夫婦の山遊びさん

妙義山も紅葉スポットですね。
好天に紅葉も映えました。
奥久慈も期待したいですね。
16日、よろしくお願いします。

  • 2014/11/14(金) 21:29:52 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

「もみじに映える妙義山」と上毛かるたにも歌われているとおりにモミジが鮮やか(^^)
あっ、上毛かるたは上州人なら誰もが知っている超ローカルなかるたです(笑)
妙義山周辺の紅葉となると紅葉も最後だなぁ~と感じます。
いいですねこのコース、「女道」は地図にないので知らなかったです。

  • 2014/11/15(土) 01:13:10 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

でんさん

カルタにも歌われているのですね。
さすがに鮮やかでした。
紅葉は山麓にも降りてきてましたから終わりでしょうね。
女道、でんさんが知らなかったとは以外、
変化があって良いコースでした。
妙義山は表も裏も厳しいものがありますが、そこに引き付けるものがあるのでしょうね。良い山でした。

  • 2014/11/15(土) 12:09:39 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yamasanpo さん、こんにちは。
いい感じですね!
ここで飲むコーヒーは又格別ですね。
今の時間、コーヒーは飲まないのですがつい飲んでしまいました(笑)
今夜眠れるかな~

女道の看板、これでは気をつけないと通り過ぎてしまいますね。

  • 2014/11/15(土) 16:18:09 |
  • URL |
  • セとナ #-
  • [ 編集 ]

今回も素晴らしい紅葉でしたね。
くろすけは2011.5にツアーでしたが、やはり女坂のコースを行っていました。
山頂ではガスってて展望が得られなかったので、こんなだったのかとあらためて見させて頂きました。
女道と書いてある板は、その当時は写真で見たら、
木にくくりつけてありました。i-278
くろすけも奥様と同じく、モミジは小さい可愛い葉っぱのが大好きで~す。

  • 2014/11/15(土) 17:58:07 |
  • URL |
  • まっ黒くろすけ #-
  • [ 編集 ]

セとナさん

女道、セとナさんからの情報により心強くし歩いてきました。
ありがとうございました。
紅葉は燃えるようなものではありませんでしたが、これはこれで良しです。
今年も妙義山の紅葉を楽しめ満足です。
さあこれからは奥久慈ですね。

  • 2014/11/15(土) 18:53:52 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

まっ黒くろすけさん

くろすけさんも歩かれましたか。
山頂でくろすけさんの話をしてました。
くしゃみでませんでしたか 笑
女道の道標は朽ち果て明瞭ではなくなってますね。
良いコースなので整備して欲しいものです。
妙義山のモミジは綺麗ですね。素晴らしいものでした。

  • 2014/11/15(土) 19:02:08 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/777-399b0937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。