登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

塩原の名山・日留賀岳

H20年5月23日、日留賀岳(ひるがだけ:1849m)を歩いてきました。
日留賀岳は今回で3回目、新緑の時期は初めてです。
五月晴れのもと爽やかな風が吹き、新緑の中をものすごく気持ちよかった~。
今回のコースは、小山氏宅~日留賀岳の往復で、7時間10分の山散歩でした。
自宅発4時、小山氏宅6時10分着。自宅~馬頭~塩原~小山氏宅108Km。
(写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい)
小山氏宅から前黒山 レンゲショウマ
            前黒山                        オオバギボウシ
小山氏宅の駐車場から見る前黒山。小山氏宅裏庭に自生するオオバギボウシ、開花は8月頃とか。

クマ.ガイソウ クマ.ガイソウ
          クマガイソウの群生                 クマガイソウのアップ
これも小山氏宅裏庭に自生するクマガイソウ。「今が旬、来週いっぱいまでが見ごろ」とご主人が言っていました。非常にラッキーでした。多くの写真家が押し寄せているとのこです。

登山道1 山道2
新緑の中の登山道は気持ち良いです。木の鳥居付近まではなだらかな道が続きます。

途中から見る日留賀岳 木の鳥居
          日留賀岳                         木の鳥居
樹間から見る日留賀岳、まだまだ先です。小山氏宅駐車場から2時間15分で木の鳥居着。
ここからは急な山道になります。

ギョウジャニンニク ショウジョウバカマ
           ギョウジャニンニク                   ショウジョウバカマ
ギョウジャニンニクの群生地を見る。芽が出ては採られ大きく成長する暇がないとか。
時折見られるショウジョウバカマ。色が鮮やかです。

山頂を目指す 山頂付近から
             日留賀岳山頂付近の急登の登山道
山頂は見えますがきつい登りです。明るい主稜線に出、ササをかき分け一投足で山頂に達する。

山頂 山頂から
            山頂                           男鹿山海
小山氏宅駐車場から3時間35分で山頂着。標高1849m、二等三角点の置かれ山頂です。山頂からは360度の展望で、高原山、那須連山など、近くには男鹿山塊の秘峰が迫り、緑の山々を眺めることができる。男鹿山塊の山腹を切り開いた「塩那スカイライン」、いまだに開通の見通しがないとか。自然破壊の見本のようなもの。
展望を十分に楽しんでから下山とする。写真を撮ったり、山菜を採ったり道草をくいながらの下山でした。

スポンサーサイト

コメント

昨年は日留賀岳を越えて鹿俣岳まで足を伸ばしました。
今年は中止になってしまったウィンズツアーに替わり、6月5日に5名を案内してピストンしてくる予定です。私たちは時季を外してしまいますので、“旬の日留賀岳”を体感したyamasanpoさんたちが羨ましい
~~~!

  • 2008/05/24(土) 21:18:26 |
  • URL |
  • 雨巻山のデイダラボッチ #-
  • [ 編集 ]

雨巻山のデイダラボッチ さん
体がいくつあってもたらないほどの忙しい身でありながら
私達のブログを見て頂きありがとうございます。
デイダラボッチ さんの昨年の日留賀岳を参考に春の日留賀岳
を歩いてきました。ラッキーな一日で感謝、感謝です。

  • 2008/05/25(日) 18:58:37 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/78-63667935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad