登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島々からクラシックルートを、絶景の霞沢岳(その1)

H27年7月31日~8月1日、島々からクラシックルートを、霞沢岳を歩いてきました。

すり減っていたタイヤを交換、そして車検を済ませ遠征準備が整った。
天気も安定したきたこともあり長年温めてきた霞沢岳山行を実行した。
ルートは、車を島々に停めておいて島々谷沿いに徳本峠へ、そして翌日霞沢岳を往復して上高地に下山し、バスで島々に戻ってくる計画。

霞沢岳は穂高連峰に対峙した背後の山であり、登山道は徳本峠(「とくごうとうげ」と読む)からの道しかなく、縦走路から外れるため取っつきにくい山である。しかしながら、この山から見る穂高連峰や笠ヶ岳の展望は特筆に価するもので好天の日にと思っていた。

徳本峠へは上高地から取り付くのが近くて便利で一般的である。昔(バスが上高地に乗り入れられるようになるまで)は、この徳本峠を越える島々宿ルートは、登山者にとってメインルートとして利用されていた。
今回はこの古道を登路とした。
 
7月31日:安曇野支所7:45~島々谷林道 ~9:20二俣 9:25~ 離岩(瀬戸ノ滝)10:35 ~ 11:20岩魚留小屋(昼食)11:45~13:15水場(ちから水)13:30~徳14:15本峠小屋 (泊)
約6時間半の山散歩でした。

8月1日:徳本峠小屋 4:00~ ジャンクションピーク 4:45~6:05(朝食)6:15~ 6:50K1ピーク6:55 ~ K2ピーク7:10 ~7:30霞沢岳7:55~10:40徳本峠小屋(昼食)11:05 ~12:20白沢出合・徳本峠分岐12:30~ 明神 ~13:30上高地14:05~(バス)~15:05安曇野支所バス停
約9時間半の山散歩でした。

          山行記録一覧へ、  地域別行山録一覧

霞沢岳マップ1

安曇野支所に車を置く。ここが便利なのはバス停が真前にあるという事。上高地からバスで戻って来る時に助かります。安曇支所の駐車場にはトイレもあり。登山者も車を停めさせていただけるようで。ありがたく停めさせていただいて、出発
1支所

島々の集落に向かって出発。以前に上高地に来た時に下見をしておいた。
2車道

集落の中に、徳本峠入口の標識がある。「上高地へ20キロ」とある。
ここから川沿いの舗装道路を歩いていく。
3徳本峠入口

最初のゲート。獣除けのもので施錠は無し手で開けられます。
5ゲート

少し先へ行くと広場は駐車スペースに。「車上荒らし注意」だそうな
6駐車場

2番目のゲート。チェーンは鍵無し
7ゲート2

ず~と河原沿いの林道歩きです。
8林道

3番目のゲート。ここから先は車は入れない。
9ゲート3

単調な林道歩きが続き折口信夫が三木秀綱夫人の悲話を詠んだ歌の歌碑を見ると二俣は近い。
10林道

なにやら大きな建物が見えてきた。砂防ダムと東電の建物、ここが二俣。
林道歩きはここまで、島々から6.3キロ、約1時間半。
11二俣

二俣から山道へとなる。
12山道

山道に入り直ぐに「あがりこサワラ」と呼ばれる奇怪な樹形のサワラが目に入る。
13あがりこサワラ

沢に並行するように山肌を辿って行く。良く整備された登山道です
14山道

二俣から少し進んだ島々谷南沢に「三木秀綱奥方の遺跡」。と言うことは戦国時代に既に、このルートがあったのか?
15遺跡

炭焼き窯。このルートは島々宿周辺の人々の炭焼きの仕事場としての生活道路であったのでしょう。
16炭焼き窯

左岸に行ったり右岸に行ったり、歩きやすい方に道が付いている。
17山道

橋を渡ると突然大きな岩が鎮座してる。
18山道

「離れ岩」と命名してありました。その上には瀬戸ノ滝が
19山道

木道が架けられている部分が断続的に現れる。涼しくて良い感じ・・
20山道
21山道

「岩魚留橋」を渡ると、岩魚留小屋(休業中)に到着。軒先で昼食。
22岩魚留小屋

再び出発です。
23岩魚留小屋

今度は丸太を束ねただけの橋。一転してワイルドな橋が続く。
24橋

花も多くなる。ソバナが群生している。
25花

お花畑も
26花

センジュガンピも多く見られた。
27-1花

この橋を渡ると徳本峠の登りとなる。
27山道

ここが徳本峠に登り上げる前の水場、ここで水をタップリ補給。
冷たくてうま~い!
一休み後、ここから標高差300m弱、九十九折りの急坂を一気に登る。
28ちから水

上の方から何やらにぎやかな人の声が聞こえてきて登り切ると徳本峠小屋に到着。安曇野支所から6時間半を要した。夕食までには時間があり小屋前のベンチでカミさんと宴会。宿泊者は少なくゆったりスペース。
29小屋

島々宿から徳本峠までは、島々谷及び島々谷南沢を遡上するルートで緩斜面が連続、登山道はフカフカと歩き易く木道も整備され良いルートでした。

島々からクラシックルートを、絶景の霞沢岳(その2)へ続く

スポンサーサイト

コメント

何かゆったりした登山の様ですね

下界は凄く暑い日が続きますが、涼しそうですね。
徳本峠小屋は宿泊客が少なくゆったりでしょうか?
霞沢岳は穂高の雄姿が綺麗だとのこと。
その2を期待ですね。

島々からのいにしえの道、歴史を感じる道ですね。
画像を見る限り南沢沿いの道は涼しそうな感じがします。

  • 2015/08/03(月) 23:10:59 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

和子&徹也さん

古道は歩かれる人も少なく静か、涼しく良いものです。
思っていた通りのものでした。
お奨めルートです。

  • 2015/08/04(火) 07:47:29 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でんさん

今でこそ整備されてますが先人達の頃は厳しいものであったのでしょうね。そんなことを考えながら歩いてました。
沢沿いのルートですから涼しいですね~
ルートの途中に水場があることから身軽に歩けるのも良いです。
秋の紅葉時期も素晴らしいでしょう。

  • 2015/08/04(火) 07:52:49 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yamasanpoさん、おはようございます。
気になっている山、ルートとても参考になりました。
沢音を聞きながらの静かな歩きいいですね~(^o^)
今すぐにでも行きたい気持ちになりました。

  • 2015/08/04(火) 08:32:39 |
  • URL |
  • セとナ #-
  • [ 編集 ]

セとナさん

この古道は沢沿いの静かなコースです。
道もしっかりし危なっかしい所もなくお奨めです。
紅葉時期も良いものでしょう。
機会をみて訪れてみて下さい。

  • 2015/08/04(火) 19:03:50 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/854-3ec339c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。